【始めの一歩】Web初心者が身につけたいライティングのテクニックまとめ

ただ文章書くのもいいのですが、やっぱりできれば読んでもらえたらと思いませんか?

僕は思います!

どうせなら読まれたいし、その人の感情を揺さぶるような、もっと欲を言えば価値観を変えてしまうようなそんな魔法の文章を書きたい。

まずは自分が文章を書く欲望や意義を見つめることが大事ですが、Web上で記事を書いていくに当たって初歩の初歩として意識しておいた方が良いことが二つあります。

見出しと本文で使い分ける

Web記事の構造:HTMLとCSS

Web記事はデジタル情報なわけですから、アナログな紙と違ってアクセスさえできればいつでもどこでも読めます。

ということは、Webにおける記事はプログラミング言語で表示されているというわけですがここが一つポイントです。

記事は核となるHTML(タイトルや見出し、本文等)に、CSSによって装飾(カラー、配置等)が施されているんですね。

また、検索かSNS、またはダイレクト(ブックマークや打ち込み)によってアクセスされ読まれます。

想定する読者のタイプにもよるのですが、基本的に安定したアクセスを増やす上では検索流入を増やす必要があるんです。

キャラを作って固定の読者をSNSを介して増やしていくこともできますが、なかなか安定したアクセスを増やすには難しいアプローチになります。

そこで、検索によるアクセスを増やすことを考えるとすると、どうやって検索されているか考える必要がありますよね。

日夜、検索エンジン(Google等)、つまり機械によってHTMLやCSSが読み込まれているわけですから、その検索エンジンに最適化された形で記事を書くことで徐々に検索によるアクセスを増やすことができるということをまず覚えておきましょう。

検索エンジンに最適化したライティングをSEOライティング(Search Engine Optimization)というので、気になる方はこのワードでググってみましょう。

段落分けして意味をまとめる

さて、SEOライティングの基本テクニックとしては見出しタグ(h1~h6)を使って段落ごとに意味のまとまりを作るというものがあります。

本記事では下記のような構造で段落分けされています。

  1. 見出しと本文で使い分ける(h2)
    1. Web記事の構造(h3)
    2. 段落分けして意味をまとめる(h3)
  2. 導入文が命(h2)
    1. 興味を引いて読んでもらうためのフック(h3)
    2. 概要をまとめる(h3)

こうすることで、機械が読み取る際にどのようなキーワードが使われているのか読み取ってもらいやすくなりますし、読者にとっても意味がまとまってて読みやすいですよね。

ただ思ったことを書いても記事を読まれるようにはなりません

「誰にとっての価値ある情報」なのかをまずは意識してみましょう。

導入文が命

読者にクリックしてもらい、一番最初に読まれるのが導入文です。

ということは、この導入文を読んで記事を読み進めるか否かが決まると言っても過言ではありません!

その点をまずはハッキリと意識してみましょう。

興味を引いて読んでもらうためのフック

つまり、導入文では記事を読む興味を持ってもらう必要があるわけですが、その際にポイントとなるのが「自分にとって価値ある記事だ」と読者に思ったもらうことが必要ですよね。

今や情報化社会ですから、言わずもがなゴマンと情報は溢れています。

自分の書きたい内容、書ける内容がいったい誰にとって読む価値のあるものだと言えるのか。

その点をハッキリと意識しないと、空費な労力になってしまいかねませんよ!

概要をまとめる

記事の内容にもよるのですが、読者を引きつける工夫をした上でタイトルを補足するような概要をまとめてあげましょう。

そうすることで記事の要点を掴んでもらえた上で記事を読み進めてもらえます。

これは最後に挿入する形でもありです。

おわりに

Webライティング初歩の初歩として大事な2つのポイントです!

  1. 見出しと本文を分けて、検索エンジンにも読者にも分かりやすい文章を意識しよう!
  2. 想定する読者にとって価値ある情報があることを導入文で示そう!

まずはこの2点だけで十分です。

1ヶ月でもいいのでまずはちゃんと書き続けてみることで、次のステップに踏んでみましょう。

ノウハウコレクターになってはいけませんよ!

ライティング向上の必勝法は、「書いて反省すること」です。

このルーティンを繰り返すことあるのみ。

楽しんで書けるのが最強です!

書き進める中で自分の楽しみを見出していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です