シェアスタッフ参加希望の皆様へ

ども!つれづれ”ちる”ままに生きたいShare Study代表のとしちる@ture_tiru)です。

Share Studyは僕が一人で2016年9月に立ち上げ、2017年6月からメンバーと共に運営を始めています。

Share Studyの活動

Share Studyは、

  • 人から始まる学問の見える化
  • Academic Entertainment(学問のエンタメ化)
  • 多世代型交流
  • 生涯学習

といったキーワードを旗印に活動する団体です。

学生に限らず、社会人に研究者の方々なども所属していますし、今後は高校生ライターも募集していく予定です。

現在は、研究学園都市つくばを中心に活動をしていますが、すでに北は北海道大学、南は九州大学と各地にシェアスタッフの輪が広まっています。

今年度は試験的に複数人での運営をしており、明確な役割などが定まっているわけではありませんが、主に3つの部に分かれて活動を行っています。

  • 編集部(Share Studyの記事執筆&SNS投稿)
  • 高大接続部(多世代間交流の促進)
  • 文化部(暮らしに寄りそった学びの場づくり)

現在、「マーケティング」と「Webデザイン」等に感心がある方を特に募集しています。

活動を慈善事業にするのではなく、マネタイズも含めた仕組み化を行い、2018年度には事業化することを視野に入れた準備を行っています。

Share Studyを知るために読んでもらいたい記事一覧

Share Studyがどんなメディアなのか、何を目指しているのかといった最低限のことは確認して頂けたらと思います。

本サイト記事

裏サイト記事

シェアスタッフ参加希望の方へ

2017年度は試験的にチームで運営を行っており、現在、10名弱のメンバーが各地域から集まってきました。

[st-card id=72]

17年度は増やしてもあと数名です。人数を増やしすぎてまとめきれないようにしないために敢えて人数を絞っています。

18年度は事業化をする可能性が高く、17年度の反省を踏まえてチームを再編成し、本格的な運営に取り組みたいと考えています。今年度は3月29,30日に行うACADEMIC CAMPを共通のゴールに見据えて活動を展開し、18年度の4月は1ヶ月まるまる活動を休止し、準備を行う予定でいます。

参考47都道府県の灯火を一箇所に。ACADEMIC CAMPを開催したい!

こうした将来的な動きを踏まえてシェアスタッフとしての参加を希望される方は、以下のページ、もしくはLINE@からお問い合わせください。