リーダーは二人目となるフォローワーと共に踊り尽くす重要性を知ること

かの有名な『TED Talks』でもとりわけ有名なプレゼンに”How to start movement(邦訳:社会運動の起こし方)”というものがあります。

シンプルであるもののプレゼンの中で紹介される印象的な動画と、スピーカーであるDerek Siversの非常に含蓄のある解釈はチームマネジメントを考える者にとっては必見のものだと言えるでしょう。

わずか3分の動画です。これからのリーダーとなる人とは言わず、シェアスタッフにはぜひとも見ておいてもらいたいプレゼンです!

”How to start movement”

動画の概要

一人の「リーダー」が大衆の面前で踊り始めるわけですが、最初は嘲笑の対象となってしまいます。

しかし、重要なのは「リーダー」だけが勇気をもち、リーダーシップを発揮する存在ではないことです。

実は二人目に続く「フォローワー」こそが重要なリーダーシップを発揮しているのです。

つまり、「フォローワー」が登場することによってこそ最初の「バカ」がリーダーへと変貌を遂げているわけなのです!

動画でも、二人目のフォローワーが登場することで、仲間を呼び込むことで徐々に「場」の流れが変わっていきます。

さらに三人目が登場することで、ただのリーダーとフォローワーの関係から「集団」になります。

そこから、最初のバカでも次なるフォローワーを真似るだけではなくなるのです。

フォローワーもリーダーとなり、さらにそれが周囲に連鎖していく。

そしてついには、踊らずに黙って見ている方が「居心地」が悪くなるのです。

この映像から学べる教訓

  • リーダーは最初のフォローワーを対等に扱う大切さを知ること
  • 肝心なのはリーダーである自分なのではなくフォローワーたちを巻き込んだ「運動」であること
  • リーダーシップは過大評価されていること
  • 運動を起こすには最初のフォローワーがリーダーについていく勇気を持ち、その方法を示すこと

これが社会運動の原点となるということを雄弁に語ったのが”How to start movement(邦訳:社会運動の起こし方)”でした。

 次なるリーダーであるあなたへ

『Share Study』で言えば、間違いなく最初のリーダーとなるのはメディアを立ち上げ、この記事を執筆している代表としちるでしょう。

ですが、『Share Study』というメディアが目指す人を中心とした「学問の見える化」を追い求める中で重要なのは、もう僕ではないのです。

「あなた」なのです!本当に重要なのは。

僕は『Share Study』を立ち上げる際に少なくとも5年は続けることを想定していました。

それまでは、勝手に一人でも踊り続ける覚悟でいます。

ですが、今こうしてこの裏サイトである『裏Share Study』を読んでいる「あなた」が次なる誰かにとってのリーダーなんです。

それをよく噛み締めてほしいし、僕はあなたを次なるリーダーだと思って接します

もう、僕だけではないんです。

あなたはあなたであり、誰かにとってのリーダーであり、社会であり、そしてトートロジーな表現ではありますがどこまで言っても「あなたはあなた」なんです。

選ぶことさえ出来ずにとある両親の元に生まれ落ちた瞬間に、あなたは「あなた」から逃げられないんです。

強制的に誰かしらと関係性を持って生まれてくるしかないし、強制的に誰かしらと関係性を持って生きるしかないんです。

こうした考え方は『Share Study』を立ち上げた際にも実は特に意識した点です。

ぜひ、チームマネジメントを考える際にもこの「リーダー」と「フォローワー」の関係を意識していくようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です