【始めの一歩】RSSリーダー「Feedly」を活用して情報を得よう!

RSSリーダーを簡単に説明すると、「購読したいサイトの更新情報をまとめて管理できるソフト」だ!

これがとっても便利で、いちいちブックマークしたサイトにアクセスすることなく、一元的に管理できてしまう。

RSSリーダーの大御所―Feedly

実は大御所というよりも、Googleが提供していたRSSリーダーがなくなってしまってから使われだしたのがFeedlyなのだけど、RSSリーダーで迷ったらとりあえずこれにしておけ!的なものである。

他にもさまざまなRSSリーダーがあるのだが、どれがいいかめんどくさい人はとりあえずFeedlyをおすすめする。

別に他のを使ったって構わない。とりあえず、まずRSSリーダーを使い慣れてほしい。

登録方法

GoogleのアカウントやFacebookのアカウントでも登録できるのだが、Feedlyのアカウントを作ることをおすすめする。

というのも、かつてGoogleアカウントが第三のアプリケーションに対してのアカウント使用を許可しない事案があったからだ…!

おかげでGoogleのアカウントからFeedlyのアカウントに乗り換えないといつも見ていたスマホアプリで閲覧できなくなってしまった。

というわけで、Feedlyアカウントを作ることが一番安全である。

①Feedlyのサイトにアクセス

Feedlyの公式サイトにアクセスして登録しよう。

参考

公式サイトFeedly

サイトを開いてまず表示されるページがこちら。赤い枠で囲ったとこをクリックしよう。

②Feedlyアカウントで作成

お次にポップアップで以下の画面が出て来る。先ほども書いたようにFeedlyのものでアカウントを作成するのがおすすめだ!

③基本情報入力でアカウント作成完了!

最後に「名前」「アドレス」「パスワード」を入力してアカウント作成は完了だ!

Feedlyの使い方

後はお気に入りのサイトURLを登録していけば、Feedly内に更新情報がまとめられていく。

ちなみに、サイトだけでなくサイト内のカテゴリーを対象にした登録もできる。

個人的には暇つぶし時間にササッとタイトルだけでも確認していく使い方がおすすめだ!

スマホで出先の際にパパっと見てしまおう。それだけでも情報への感度が上がる。

おすすめスマホRSSリーダーアプリ

Feedlyのアカウントを作成したら早速、『Share Study』と『裏Share Study』を登録して更新情報をサッとチェックできるようにしておいてほしい。

より詳細な使い方は別記事にて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です