学術系メディア運営初心者におすすめしたいブログ型とサイト型メディア4選

「学ぶこと」は「真似る」ことから!

Webメディアを初めて運営する方におすすめしたいメディアをブログ型とサイト型に分けてご紹介しましょう。

ブログ型メディア

ブログ初心者応援サイト | Naifix

Naifixというネットのニックネーム、エローラさんという方が運営しているブログ初心者応援サイトというものがあります。

ブログ初心者がアクセスや広告収入を増やすために覚えておくべき効果的な記事の書き方、デザイン、SEO、WordPressカスタマイズ方法をわかりやすく具体的に解説しています。

こちらのブログの良いポイントは運営しているエローラさんが「無理せずに楽しく、だけど読者にもなるべく読んでもらえるようなブログ運営ノウハウ」をさまざまな角度から語ってくれていることなんです。

まずはじめにこういった方の情報を一つ参考にしてブログを続けてみることをおすすめします。

というのも、「無理しても」結局続かないんです。ブログに限らずサイトを持続的に成長させることは時間のかかることです1)紹介しつつ、更新が2017年12月で止まっていますね汗。実はとあることで小炎上したこともあるブログ主なのですが、今は別のサイト構築に励んでいるのかもしれません。また別の適切なサイトがあれば、更新し直します。ただ、整理されている情報とサイト運営の姿勢には見習うものが多々含まれているのは変わりませんので、このまま紹介させて頂きます。

だいたい記事を公開してから検索ワードに引っかかるまで2ヶ月はかかると言われています。

すぐには結果が出にくいのがWebメディアの特徴なんですね。

だからこそ、まずは「無理せずに、けど読者に読んでもらえる工夫をし続ける」ための情報をきちんと得ることをおすすめします。

参考 ブログ初心者応援サイトNaifix

つれづれ”ちる”ままにメッセージを読み解く │ TIRU LABO

僭越ながらというか、恥ずかしながら、僕の個人ブログ『TIRU LABO』をご紹介します。

TIRU LABOは『Share Study』や後に紹介する『Discourse Guides』の原型となったブログで、大きなテーマとして「これからの教養を考える」ために運営していました。

今現在は、ことばの研究家として『メッセージを読み解く』ことをテーマに僕の個人的な興味関心であるミスチルをはじめとした歌詞考察に、映画や漫画の感想などを気の赴くままに書きつつ、時に戦略的にも運営しております。

裏Share StudyにはないWebサイトカスタマイズ方法に、知的生産術や日常に役立つガジェット紹介なども書いておりますので、よろしければご参考に!

参考 つれづれ'ちる'ままにメッセージを読み解くとしちるのブログTIRU LABO

サイト型メディア

サルでも分かる図解説明Webマガジン │ サルワカ

お次は『サルワカ』という「サルでもわかる」ことをコンセプトにした挑戦的なサイトです。

運営されている方々が「デザイン系」の人が多く、サイトの作り方から細かなノウハウを網羅的に解説してくれています。

正直、初心者の方には情報過多なくらい、徹底的なんですよね。

けど、必要な情報が分かりやすくサイト上に配置されており、すごく丁寧で分かりやすいサイト設計になっています。

それもこれも、「読者への目線」を忘れない徹底したユーザーファースト目線でいるから。

そうしたサイトを運営する上での姿勢を含め、Webに関する基本情報にデザインのイロハを学べるという意味で非常におすすめのサイトです。

参考 サルでも分かる図解説明Webマガジンサルワカ

社会文化コミュニケーションから紐解くことばのイロハ │ Discourse Guides

またもや僭越ながら僕が運営するのが、社会文化に関するコミュニケーション論やディスコース研究を中心に紹介・解説する『Discourse Guides』です。

学術的な知見をただ単に「成果」として紹介するメディアは数多くあります。ですが、それでは単なる知識や情報となってしまいかねず、できればきちんと順を追って説明し理解することができるメディアにするべく運営しております。

正直、試行錯誤しながらの運営ではありますが、少しずつアクセスも伸びてきており、可能性を感じています。

というのも、学術系のブログやサイトを運営する人は少なく、単純に強豪が少ないために長期的に運営を行えばアクセス数も一定の知名度も上がると思うからです。

ただし、学術系ともなると、その内容の真偽など、リスクも背負います。リスクを抱えながら運営している様を参考に見て取ってもらえればと思い、こちらでもご紹介させて頂きました。

参考 社会文化コミュニケーションから紐解くことばのイロハDiscourse Guides

おわりに

以上、ブログ型とサイト型のメディア4選でした!

Webメディアと一重に言えど、ブログ型のものか、サイト型のものかで運営の仕方が異なります。また、明確に「ブログ型」「サイト型」と決めきれるものでもありません。

言うなれば、ブログ型は個人の色を濃く出し(つまり、キャラクター化する)、サイト型は情報の整理と蓄積をすることで知識をメインに押し出します。

両者とも、一定のアクセスや利便性を感じ取ってもらうためには、単に情報を並べるだけでなく、読者目線に立って知見を「編集」することが重要です。

「編集とは何か」についてはまた別の記事にて!

References   [ + ]

1. 紹介しつつ、更新が2017年12月で止まっていますね汗。実はとあることで小炎上したこともあるブログ主なのですが、今は別のサイト構築に励んでいるのかもしれません。また別の適切なサイトがあれば、更新し直します。ただ、整理されている情報とサイト運営の姿勢には見習うものが多々含まれているのは変わりませんので、このまま紹介させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です