Share Studiesにおける「ポートフォリオ」作成の方法

「Share Studies」で一番最初に作成して頂くのがポートフォリオです。

Share Studyにおいてポートフォリオを作成する狙いは大きく二つあります。

  1. 単なる情報や知識ではなく人の顔が見えること
  2. 記事執筆者の興味関心や業績が可視化されること

また、Share Study上で自身の経験や情報を発信するにあたって、業績などをまとめて示せるものがあれば、似た興味関心を持つ後人が連絡を取ることが可能ですし、先人からも連絡を受ける可能性があります

そのようなコミュニケーションのきっかけを通して「学び合いの文化の熟成」につながれば幸いです。

ポートフォリオの作成方法

タイトルの設定

「Share Study」にユーザー登録完了の連絡をした時点で、ユーザー個人のポートフォリオテンプレートを作成してあります。最初のテンプレートのタイトルには「名前(ニックネーム)―サブタイトル(専攻・活動・研究分野の紹介)」と記載してあります。タイトルを見てひと目で「誰が」「どのような」研究・活動をしているのかがひと目で分かるようにしましょう

例えば、代表としちるの場合では「としちる―自己責任論/大学改革の言説分析(言語人類学)」となっています。

参考 としちる―自己責任論/大学改革の言説分析(言語人類学)Share Study

ポートフォリオテンプレートの全体像

タイトルの下には「3:2」のプロフィール画像が表示され、OGP(SNSにシェアされた際に表示される画像)としても使われます。

残りの入力項目は下記の7つになります。

  1. プロフィールボックス(SNSリンク)
  2. 問題意識/リサーチクエスチョン
  3. 研究キーワード
  4. 所属学会
  5. 学歴/職歴
  6. 業績一覧(学位論文/学会発表)
  7. サイエンスコミュニケーション活動(社会活動/企画・イベント)

下記の画像は、素のテンプレートを画像にしたものです。これで全体像が分かるかと思います。

最下部には「About」としてWordpressのユーザー情報である「プロフィール」で入力された情報が表示されます

SNSリンクの自動化
Wordpressの「プロフィール」で入力したSNSの各リンクは最下部には自動で表示されるようになっております。最上部のSNSリンクも「プロフィール」で入力したものが自動で出力されるように調整する予定ですので、今しばらくお待ち下さい。

「ポートフォリオ」における投稿画面の書き方

上部

網掛けとなっている箇所(SNSのリンク設定等)はShare Study編集部で設定しますので、触れないようにお願い致します

プロフィールボックス下部にある「文字数150前後」という箇所は、ポートフォリオを閲覧する読者向けのことばか、もしくはGoogleフォームの基礎情報で入力した「自己紹介」と同じものを記述ください。

Googleフォームで記入頂いた基本情報はShare Study編集部にて記述致しております。残りの「所属学会」「学歴」「業績一覧」「サイエンスコミュニケーション活動」は、必要に応じて新しくご記入頂ければと思います。

記入しない箇所については「削除」して頂いて構いません。更新する際に追加することも可能です。用意した項目以外に特別に追記したいことがあれば、Share Study編集部へお知らせください。

下部

下記の画像のものは、PC上ではエディターの下部と右上に分かれて設置されております。

入力を完了せずに中断する際は、「下書きとして保存」を押すことで公開せずに記事入力を保存することができます。最初の入力が完了しましたら「レビュー待ちとして送信」をクリックしてください。Share Study編集部にて確認が取れ次第、公開させて頂きます

「タグ」は固定して使用しておりますので新規では追加せずに、下記のものから適したものをお選びください。

  • 学問教養系
    • 学問/科学
    • 基礎研究
    • 教育
    • 地域
  • 社会文化系
    • 人文学/人文科学
    • 社会科学
  • 理工学系
    • 形式科学
    • 自然科学
    • 情報科学
  • 応用学際系
    • 応用研究
    • 学際研究

テンプレートは「Share Studies」と書かれているものになります。この設定にすることでトップに表示されるタイトルが水色の「Share Study」ではなく、青色の「Share Studies」のものに変更されます。

「抜粋」には検索用の紹介文を最大100字前後でまとめてください。

コピー&ペーストの注意点
ビジュアルエディターはWeb上からコピーした文字情報だけでなく、「HTML」や「CSS」で装飾された情報もコピーすることがあります。おかしな表記になった場合は、「メモ帳」などに一度貼り付けしてから再びコピーし、貼り付けすることでプレーン(文字情報のみ)のテキストを表示することができます。

おわりに

ポートフォリオはこちらのページでまとまって表示されています。

ポートフォリオリンク集

上記のページは、現在(18年11月)、固定化されたページになっていますが、今後のカスタマイズで「ポートフォリオ」のリンクがランダムで表示されるようにする予定です。閲覧した人が異なる分野の人の活動を知るきっかけとなるようにサイトのカスタマイズを施していきたいと考えています。

また、ポートフォリオリンク集のヘッダー下部(一番上の「Share Study」など表示されている箇所)と「Share Studies」のテンプレート使用記事(ポートフォリオ、Open Share Study)には、「Share Studies」で更新された新着記事がスライドで表示されるようになっております。

ぜひ、さまざまな人々がShare Study上で交差している様子を見つつ、実際に会った際など、ことばを交わすきっかけになり、学びが深まることにつながれば幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です