裏Share Studyにおけるプロフィール例

シェアスタッフになり、まず最初に執筆してもらうのがこの『裏Share Study』におけるスタッフ向けのプロフィール記事です。

代表としちるが書いたプロフィール記事を例に意識したポイントなどを紹介しましょう!

ですが、『【始めの一歩】プロフィール記事の書き方講座』でも書いたように「書き方」といった定式的なものだとは捉えないでくださいね

あくまでも、上記の記事と僕の書き方といった具体例を提示するための紹介だと思ってください。

スタッフ向けプロフィール記事の書き方概要

どんな記事であれ「誰に向けて」「なんのため」にを意識することは非常に重要です

裏Share Studyでは「シェアスタッフに向けて」「シェアスタッフ同士の関係性を作る上でのきっかけ作りのため」にプロフィール記事を書いてみましょう!

人を中心とした「学問の見える化」をするために自分がどのような立場から、どのようなスタンスで取り組みたいのか意識してみてください。プロフィールを書く際だけでなく実際に記事を書く際のポイントにもなるのが以下の3点です。

  • コツ①高校生に伝える気持ちで書く
  • コツ②逆三角形で説明する
  • コツ③論理とストーリーを意識する

詳細は以下の記事にて確認しつつ、僕の記事例を紹介しましょう。

【始めの一歩】プロフィール記事の書き方講座

としちるのプロフィール記事概説

僕が書いたプロフィール記事のおおよその構造がこちら!

  1. 導入/簡易プロフィール
  2. 専攻・専門紹介
  3. 問題意識・課題設定
  4. 性格
  5. Share Studyへのスタンス
  6. シェアスタッフに向けて一言

導入/簡易プロフィール

基本的に記事ではまず最初に3行くらいで導入文を書きます。

また、ここで簡易的なプロフィールを書くように統一しましょう。

僕が書いた項目は「所属/専攻/専門/研究キーワード」にしました。追加で好きな事を書いても構いません。

専攻・専門紹介

自分の専攻や専門を簡単に紹介してみましょう。

ここでのポイントは高校生に要点を紹介するくらいの文量や言葉に留めることです!

問題意識・課題設定

専攻や専門分野にて勉強・研究する上でどんな問題意識や課題設定をしているか紹介してみましょう。

Share Studyにおいて「人」を中心とした「学問の見える化」をするためにも、焦点を当てているのはここのポイントです

きちんと考えてきたことがなかった人はこの点に関しては、徹底的に考えてください!

そうすることで、異なる分野の人でも同じような問題意識などに共感することができるんですね。

シェアスタッフ同士で交流を深めるためにも言語化する機会にしてみてください!

性格

学問的な紹介に加えて、そんな学問に携わる自分自身の性格が浮き彫りになってくるはずです。

簡単にでいいので、オーソドックスな自己紹介的に趣味趣向などを紹介してみるといいでしょう!

Share Studyへのスタンス

シェアスタッフに向けて特に明確にしておくといいと思うのが、このShare Studyに携わる上での個々のスタンスです!

どういった目的でどのような目標を持ってShare Studyに携わっているのか紹介してみましょう。

シェアスタッフに向けて一言

最後にシェアスタッフに向けて一言あれば書いてみてください。

まとめ

文字数の目安は1000字くらいですかね。長くても1500字くらいがいいでしょう。

決まった書き方があるわけではありませんが一つの参考にしてみてください!

一つ一つの段落、一つ一つの文章、一つ一つの単語には意味があります

プロフィール記事を書くことは自分を見つめるきっかけにもなるはずです。

今後、インタビュー取材を行う人には特にこの内省する能力が求められます。

ぜひ、意識してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です