活動内容

シェアスタッフとしての活動は大きく4つに分けられます。

  • 記事執筆(9つのカテゴリー)
  • イベント運営(もくもく会、ACADEMIC PARTY等)
  • SNS運用(Facebook、Twitter)
  • ミーティング(不定期)

記事執筆

Share Studyは「人」を中心とした「学問の見える化」を目標に活動しています。

そのため、記事の中核となるのは「アカデミックインタビュー」のカテゴリーです。

大学生・大学院生・研究者・社会人といったさまざまなレイヤーの人々を取材する中で見えてくる、「それぞれの学問が持つディシプリン・フィロソフィー」や「学び・研究・活動に従事するに至った背景」をメディアとして高校生・大学1・2年生向けに発信中!

  • 教養入門
  • 勉強入門
  • 研究入門
  • アカデミックインタビュー
  • アカデミックメディア
  • より未知アカデミックワード
  • シェアスタワールド(準備中)
  • シェアスタアイディア(準備中)
  • シェアスタブログ

イベント運営

ネット上において情報発信をすることも大事ですが、フェイス・トゥ・フェイスのコミュニケーションをすることもそれ以上に大事にして活動しています!

そのため、気軽に異分野交流ができるような「場づくり」となるイベント運営も実施中。

  • ACADEMIC PARTY(不定期)
  • ACADEMIC CAMP(不定期)
  • 論文執筆するためのもくもく会(調整中)
  • シェアスタ交流会(調整中)

SNS運用

いくら良いものを作っていたとしても、届けたい相手に届けることができていないのであればそれは問題です。

そこで、積極的にSNSを活用することでよりShare Studyという学術メディアを広めることも重要視しています。

特に、新規メンバーにとって本サイト上ではないアウトプットの機会となることも想定して、運用していく狙いもあります。

  • Facebook投稿(平日の1日1回)
  • Twitter投稿(活用方法の思索中)
  • Instagram投稿(準備中:2018年度開設予定)
  • Line@投稿(毎週日曜11時:記事更新・イベント情報のお知らせ)

ミーティング

現在は立ち上げ段階として、必要に応じたミーティングを各部で不定期に行っています。ミーティングは基本的にSkypeで行っています。

それぞれの利害関心に基いて、Share Studyというメディアを活用するというスタンスで活動しています。

が、せっかくシェアスタッフとして活動していく仲間ですので、シェアスタッフ内での異分野交流も促していくために月1回の交流会兼イベントを行うことを思案しています。

  • ミーティング(不定期)
  • シェアスタ交流会(思案中)

まとめ

Share Studyでの活動をもう一度まとめると以下のようになります!

  • 記事執筆(9つのカテゴリー)
  • イベント運営(もくもく会、ACADEMIC PARTY)
  • SNS運用(Facebook、Twitter)
  • ミーティング(不定期)

「学問の見える化」を目指して、「人」を中心とした情報発信をするのがShare Studyです!